飲みすぎ注意!ED治療薬とお酒の相性

バイアグラが大好きなオヤジの独り言

メニュー

どうしてアルコールが入ると勃ちにくくなるの?

お酒好きな方もいるでしょう。仕事終わりにちょっと一杯飲んでいこうと、会社帰りに同僚などと楽しくビールなどを飲んで帰宅するという生活をしている方もいるかもしれません。

また、飲み屋で仲良くなった異性と、いい雰囲気になり、それなりにお酒もすすみ、いい気分でいざホテルで行為に挑もうとしたら、勃起しなかったなどという経験をお持ちの方もいるかもしれません。

お酒を飲んでしまうと、中枢神経などに影響がでてしまい、脳の働きが鈍くなる傾向があります。そのため、勃起などがうまくいかないということが起こる可能性もでてきます。

また、アルコールが入ることで、眠くなりやすいという方も注意が必要です。

性欲などよりも眠気などのほうが勝ってしまう場合には、やはり勃起などよりもそのまま眠りこけてしまうこともあるため、お酒が比較的弱く、酔っ払いやすい方、お酒を飲むとすぐ眠くなってしまう方は、お酒を控えめにすることも大切です。

LOVE

また、勃起しにくいならば、バイアグラなどのED治療薬などを利用したらいいんじゃないかと考える方もいるでしょう。しかし、そのような治療薬をアルコールと同時に摂取してしまうと、体にとって悪影響となることもあるため、注意が必要です。

お酒などを飲む場合には、あまり過度に飲みすぎないことも大切です。勃起の問題だけでなく、肝臓への負担、体にとっての負担なども考慮することは大切です。

お酒を飲むと楽しい気分になることもあり、つい、飲みすぎてしまうこともあるでしょう。しかし、自身の体の健康のためにも、お酒はのみ過ぎないことが大切です。

適度にお酒を楽しみ、体への負担なども少しでも軽くすることが重要です。

また、緊張によって勃起しないという方などは、逆にお酒の力を少し借りてみるというのもいいでしょう。

緊張を適度にほぐすために、少しアルコールを摂取して、リラックスした状態を作ることで、対策することもできます。

お酒を飲むことで、楽しい状態、また、いい効果を引き出すこともできますが、飲みすぎてしまうと、体への負担などもかかり、また酔いすぎてしまうことで、通常ではありえない行動などをとって、恥をかいてしまうということもあります。

そのような状況にならないためにも、日々の生活のなかで、適度にお酒を楽しむことを覚えていくこと、また、日々のストレス解消などにうまくアルコールを利用していくことで、楽しい日々を過ごしていきましょう。