出張マッサージをうけて

そのころにの私は、仕事に疲れて、本来なら自分でマッサージにいくのですが、その気力もなく、自宅にマッサージにきてもらうことにしました。でも、自宅に人をあげるのはかなり抵抗がありました。なので、知り合いに聞いた出張マッサージの人にきてもらうことにしました。ただ、マッサージにきてもらうからには部屋が汚れていてはと思い片付けをしなくてはならない労力も必要でした。そして、マッサージに来ていただいた人は、年配の男性だったので一人では不安だったので、実家の母にきてもらったりと、なるべく二人きりにならないことも必要でした。マッサージですが、本来ならマッサージ専用ベッドみたいなものに寝てすると思いますが、自宅にはそんなものはなく、おまけに私はベッドではなく布団で寝ていたので、布団に寝てのマッサージとなるわけですが、マッサージの方も布団に寝てマッサージというのは体勢的にしんどそうだなと感じました。1年のうちに何回か依頼したのですが、最初は60分、手もみだったのが、電気のマイナスイオン効果があるという機会を持ち込んで15分くらいその機械で、後の30分は手もみというケースをとるようになりました。それがあってから、その人は断りました。その後は、自宅でマッサージというのもいろいろ気をつかってしんどいなと思い、やはり店舗に行くのが一番だと思って今は店舗に通っています。

ホームに戻る